身長伸ばす成長ホルモン療法について正しい知識が分かるサイトです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
身長伸ばす成長ホルモン療法について正しい知識が分かるサイトです
このページの目次

低身長とは?低身長の目安・基準

低身長の基準
低身長の基準

引用元;サイト名:低身長の基準(目安)とは?

もし、お子さんが同年代の子と比べて、かなり背が低いと気になる場合、上の表の「低身長の基準」より、低いかどうか確認してください。
この表では、低身長の大まかな目安を男女別に示しています。
低身長の基準を上回る身長があっても、年間の身長の伸びが悪い場合も問題です。
1年間で少なくともこれくらいは伸びるという身長増加の基準を示したものが下の表です。

身長増加の基準
身長増加の基準

引用元;サイト名:低身長の基準(目安)とは?

子供は、今、何cmあるかという現在の身長だけでなく、今、何cm伸びているかという身長増加の経過が重要なのです。
もし、今、現在の背が低くても、背の伸び率が良ければ、心配いりません。
お子さんの背が、低身長の基準以下であり、2年続けて身長増加の基準を下回っている場合は、検査を受けたほうがよいでしょう。

身長が低いのは何かの病気なの?

低身長には、病気が原因である場合と、病気でない場合があります。
低身長の主な原因は、下記の通りです。
病気が原因の場合でも、発見が遅れてしまいがちになることがありますので、低身長が疑われるときは、早めに検査しましょう。

体質性低身長(正常低身長)

体質的なもので、病気ではありません。
極端な低身長になることは、まれです。

思春期遅発症

高校生になって急に身長が伸びたという人がいますが、それがこのタイプになります。
思春期の発来が遅れますが、最終的には正常身長に達します。
治療は不要です。

栄養不良

タンパク質不足は背が伸び悩みますが、極端な低身長になることは、まれです。

心理・社会的原因

社会の複雑化、家庭の崩壊など、精神的な影響で身長が伸びない場合は、成長ホルモン治療をしても効果はありません。

低出生体重性低身長症(SFD低身長症)

予定通りの出産なのに低体重の場合、出生後に追いつくことも多いのですが、追いつかずに、低身長となることもあります。
一部の国では、SFD低身長に成長ホルモン治療が使われています。
日本でもいずれ治療が行われるようになるかもしれません。

思春期早発症

思春期があまりに早いと身長が伸びないので、思春期を遅らせる治療をします。

染色体の病気

低身長の女子に多いターナー症候群は、成長ホルモンの投与が有効です。

骨の病気

軟骨に異常がみられる軟骨異栄養症では、極端な低身長になり、成長ホルモンの投与もある程度有効です。
手術(脚延長術)を試みる場合もあります。

ホルモンの病気

成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機能低下症などが原因の場合もあります。

内臓の病気

慢性腎不全(腎臓の病気でうまく尿がつくれない)では、成長ホルモンの投与がある程度有効です。

低身長の検査について

低身長の検査では、4つのことを行います。
この4つ検査の結果により、治療必要かどうか否かを判断します。
病気が疑われれば、その病気に応じて必要な検査も行っていきます。
低身長の検査結果を元に、成長ホルモン療法を施していきます。

過去の背の伸び率を振り返る

何歳何ケ月の時、何cmだったかという過去の記録を元に、背の伸びをグラフにしていきます。

手の骨のレントゲンを撮る

背が伸びていないということは、骨が伸びていないということになります。
手の骨のレントゲンを撮ることによって、発育の度合いを知ることができます。

尿検査で成長ホルモンを測定する

成長ホルモンは、夜寝ている間に分泌されます。
睡眠中に、ちゃんと成長ホルモンが分泌されていると、尿にも出てきます。
朝一番の尿中の成長ホルモン量を測定することで、睡眠中に、どの程度の成長ホルモンが分泌されているのかが分かります。

血液検査を行う

採血をして、骨を伸ばす重要なホルモンであるソマトメジンCの測定を行います。
夜間、成長ホルモンが十分に分泌されていると、肝臓やその他の組織でソマトメジンCが作られます。
ソマトメジンCを測定すれば、間接的に成長ホルモンが分泌されているかどうかが分かります。

成長ホルモンの分泌不全の可能性がある場合に行う検査について

低身長の4つの検査
①過去の背の伸び率を振り返る
②手の骨のレントゲンを撮る
③尿検査で成長ホルモンを測定する
④血液検査を行う
を行った結果、成長ホルモン分泌不全の可能性がある場合、成長ホルモン分泌刺激試験を行います。
成長ホルモン分泌刺激試験では、成長ホルモンの分泌が本当に不足しているのか、成長ホルモンはどのくらい不足しているのかを調べることができます。
成長ホルモンの分泌を促す薬を使って、成長ホルモンが出やすい状態にして、一定時間ごとに採血し、成長ホルモンが血液中にどのくらい出ているのかを調べます。

成長ホルモン分泌刺激試験とは?

成長ホルモンを分泌させる働きのある薬を注射もしくは服用して、血液中の成長ホルモン濃度がどれくらい上昇するか調べます。
採血するため、静脈に注射針を刺し検査中はそのままにしておきます。
針を刺す時はチクっとする痛みはありますが、採血の間に痛みを感じることはないので安心してください。
2~3時間にわたって数回の採血を行い、成長ホルモンの分泌量を調べます。

成長ホルモン分泌刺激試験は5種類の検査があります

成長ホルモン分泌刺激試験には、下記の5種類の検査があります。
アルギニン負荷試験
クロニジン負荷試験
L-DOPA負荷試験
インスリン負荷試験
グルカゴン負荷試験
これらの試験を行い成長ホルモンの分泌を刺激しても成長ホルモンが出ていない、もしきは分泌が少ない場合は、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されます。
成長ホルモン分泌刺激試験は、ホルモンの病気であるかどうかを診断する大切な検査なのです。

成長ホルモン治療は、どのような場合に効くのか?

成長ホルモンの投与は、成長ホルモンの分泌が正常な場合には、治療効果は期待できません。
成長ホルモンが不足している子供のみに有効です。
検査の結果、成長ホルモンの分泌が低いと診断されて、はじめて治療が可能になります。
検査では正常と言われたけど、成長ホルモンの注射で身長を伸ばしてほしいといっても、治療をはじめることはできません。
ただし、検査では正常と言われたけど、成長ホルモンの投与が有効な病気の場合には、治療を受けることができます。
有効なのは、下記の5つの病気の場合になります。
下記の5つの病気以外でも、背が伸び悩むことがあります。
本人や親にとっては、とても深刻な問題です。
そうした方たちに応えるため、さらに治療の幅や適用が広がるように、現在も検討が行われています。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、早期発見、早期治療が大切です。
背が低くて2~3歳幼く見えること以外は、他の子供との差がないため、発見が遅く、そして、診断も遅れるケースが多いです。
軽症では、小学校3~4年生での治療開始で平均身長に達することもありますが、重症の場合は、もっと早くに治療を開始すべきです。

ターナー症候群

骨が固まるのが遅く、子供の骨である期間が長くなるのが特徴です。
辛抱強く治療を続けると、かあんりの効果を期待できます。

軟骨異栄養症

骨の病気ですが、成長ホルモンの投与もある程度は有効なので、治療を試みる場合があります。

プラダー・ウィリー症候群

低身長、肥満、知的障害等がみられる病気です。
この病気では、成長ホルモンは肥満の改善にも役立ちます。

慢性腎不全

うまく尿が作られなくなる腎臓の病気です。

成長ホルモン治療は、なぜ必要なのか?

検査を行い、成長ホルモンが不足しているという結果が出た場合、成長ホルモン療法が必要になります。
治療を行わずに、そのうち自然に背は伸びると思っていても、平均身長には追いつきません。
成長ホルモンが不足している場合(成長ホルモン分泌不全性低身長症)は、思春期が遅くなるので、周りの人より遅れて思春期を迎えます。
思春期を迎える時期が遅れる分、身長の伸びは少し良くなりますが、成長ホルモンが不足しているため標準身長との差が大きくなってしまっています。
やっと背が伸びる時期がきたとしても、標準身長には追いつかない状態となっているのです。
背を伸ばすには、不足していているものを補うことが原則です。
成長ホルモンが不足していたら、成長ホルモンを補うことがとても大切なのです。

成長ホルモン治療をすると、どのくらい身長が伸びるのか?

成長ホルモンの注射をはじめると、背の伸びは約1.5~2倍になります。
治療以前は1年間に4cmの伸びだったとすると、6~8cmくらい伸びるようになります。
治療の効果は、はじめの1~2年に大きく伸び、その後は、なだらかになることもあります。
それでも、治療以前に比べると、よく伸びるようになるのです。
成長ホルモン製剤は、自宅での注射が認められています。
ですので、ほとんどの場合は、自宅で注射を行っています。
小さい子供の場合は、親などの保護者が行うのが一般的です。
注射の痛さを和らげるため、成長ホルモン専用の注射針は、一般の注射針よりもずっと細くなっています。
治療効果の確認や副作用の早期発見などのために、定期検診を受けながら、治療をしていきます。
主治医の指導を受けながら、治療を進めていくことになります。

成長ホルモン治療の期間はどのくらいなのか?

成長ホルモンの治療をはじめて身長の伸びが良くなっても、標準身長に追いつくには、何年もかかります。
周りの子供達の背も伸びているわけですから、1年に2~3cmずつくらいしか周りの子供達に追いつかないのです。
成長ホルモン治療は、なるべく早く開始したほうが良いでしょう。
早ければ早いほど、追いつくための周りとの身長差が少なくなります。
また、骨が子供の時期でないと、治療の効果が得られません。
治療が終了するのは骨の成長線(骨端線)が閉鎖してしまい、これ以上、骨が伸びなくなる時期です。
骨が伸びなくなる時期以降は、いくら成長ホルモンを注射しても、効果が得られないです。

成長ホルモン治療の費用について

治療期間が長いと聞くと、費用のほうも気になりますが、成長ホルモンの治療には、公費負担の制度が用意されています。
子供の背が、ある一定の基準を満たし、明らかに成長ホルモンの分泌が少ないと診断された場合は、医療費の補助を受けることができます。
また、診断内容によっては、公費負担の制度が利用できない場合があります。
でも、健康保険を利用した治療が可能です。
高額医療制度での補助も利用できますので、治療開始前に主治医の先生と、よくご相談いただくとよいでしょう。
治療には、個人差はありますが、数年の年月が必要で、根気もいりますし、周囲の心理的なサポートも重要になってきます。

成長ホルモン治療の医療費補助制度について

小児慢性特定疾患による医療費の補助
下記、内容に該当する場合、小児慢性特定疾患による医療費の補助を受けることができます。
※医療費の補助を受けるには一定の基準があります。詳しくは最寄りの保健所へお問合せください。
・-2.5SD以下の成長ホルモン分泌不全性低身長症
・ターナー症候群
・軟骨異栄養症
・プラダーウィリー症候群
健康保険が使えるが高額なため高額医療の制度で補助
下記、内容に該当する場合、高額医療の制度で補助を受けることができます。
※母子家庭や生活保護家庭は無料になります。
・-2.0SD以下の成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン治療による副作用について

成長ホルモンは、本来、人間の体の中にあるホルモンなので、成長ホルモン治療をしても、ほとんどの場合、副作用はありません。
風邪薬など、他の薬と重なっても問題ありません。
唯一の例外は、糖尿病治療薬のインスリンだけです。
まれに、成長ホルモン治療の初期に、頭痛がでることもあるようですが、一時的な頭痛で長引くことはありません。
成長ホルモン治療中に、骨や関節に軽い痛みが起こることがありますが、これは治療が非常にうまくいき、身長の増加が顕著な証拠です。
一種の成長痛と考えてよい場合がほとんどですが、股関節の痛みが強い場合には、注意が必要です。
在宅注射を開始して、一か月目、二か月目、三か月目に来院し、診察や身長、体重測定、副作用のチェックのための検査を行います。
その後、二~三か月に一度、同様の定期検査を行っていきます。
また、半年に一度は骨年齢を見るためのレントゲン検査も行う必要があります。
定期検査を受けることで、安心して治療を受けることができるのです。

自宅で注射できるかどうか心配です

成長ホルモンの注射は、在宅注射といって、自宅で行うことが原則です。
小さいお子さんでは保護者が、大きい子なら自分自身で行っています。
そのため、非常に簡単に注射できるように、ペンのような形をした注射器を使っています。
赤ちゃんの予防接種などで使われる注射針よりもずっと細くて短い針になっています。
お尻や太ももなどへ簡単にできる皮下注射(皮膚の浅い部分5~8mm下に行う注射)です。
血管注射や筋肉注射といった難しいものとは全く違うので、安心して行うことができます。
もちろん、病院で医師や看護師が何度も注射の仕方を指導しますので、必ず出来るようになります。
注射なので、子供が痛がらないかしらと気になりますが、とても細くて短い針の注射なので、痛みは最初にチクっとするくらいです。
痛みが少ないので、寝ている間に注射しても目を覚まさない子供も多いようです。
成長ホルモンの注射は、ほぼ毎日(1週間に6~7日)行います。
成長ホルモンは毎日分泌されているので、毎日補うほうが高い効果を得られます。
毎日行っても皮膚の浅い部分への注射なので、注射の跡が残るといった心配はありません。
痛みは少ないとはいえ、注射は好きなものではありませんので、注射に対する精神的なサポートがとても大切になります。
母親だけでなく父親も頑張ってねと声をかえるなど、家族全員が温かく見守ってあげることが大切です。

低身長クリニックでは、どのような治療をされているのか?

低身長を専門的に、診断と治療、食事療法などによる生活指導を行っています。
診察、検索には、おおよそ5日間かかります。

診察1日目

まず、子供の出生時から現在までの身長増加の記録(何歳何ヶ月で何cmだったか)を持参していただき、成長曲線を作成します。
男女別の基準成長曲線と照らし合わせ、身長増加率の状況を診ます。
診察では、特に、性発育の状態に注意します。
女子では、乳房の状態、男子では睾丸の発育状態を診ることで、思春期に入っているかどうかを確認できます。
そして、手のレントゲン写真を撮り、骨の発育状態を診ます。
手のレントゲンによって、年齢の割に未熟すぎないか、あるいは成熟しすぎていないか、あと何cmくらい伸びるのか、いつごろ身長の伸びが止まるのか、などの予測ができます。
さらに、子供の身長が低身長の基準の-2.0SD以下か、もしくは年間の身長増加率が悪い場合は、スクリーニング検査を行い、病気の有無の大まかな予測をたてます。

診察2日目

【スクリーニング検査の結果説明】
検査の結果、成長ホルモンの分泌が少ない可能性のある場合は、成長ホルモン分泌刺激試験による検査を計画します。

診察3日目

【一つ目の負荷試験】
薬を用いて脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促して、分泌状況を調べる検査です。
検査の時間は2~3時間くらいです。

診察4日目

【二つ目の負荷試験】
1回目の検査と同様、成長ホルモンの分泌状況を調べる検査です。
検査の種類によっては少し眠気をもよおす場合があります。

診察5日目

【一つ目と二つ目の負荷試験の検査結果の説明】
もし、二つの検査において、ともに異常があれば、成長ホルモン療法が必要となります。
具体的な治療の内容や計画、注意事項などの説明を行います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*