身長伸ばすには生活習慣が大切だということが分かるサイトです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
身長伸ばすには生活習慣が大切だということが分かるサイトです
このページの目次

理想的な睡眠時間はどのくらい?

理想的な睡眠時間は10時間前後です。
思春期までの睡眠時間や睡眠時間の質が最も大切になるのです。

十分な睡眠が成長を助けます

睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進させ、骨を休めるという役割を果たす大切なものです。
身長増加のために、目安としての理想的な睡眠時間があります。
子供の様子を見ながら、子供のリズムを大切にしながら、睡眠時間を保つようにしましょう。
睡眠は長ければよいというものではありません。
いくら10時間以上寝ていても途中で何度も目が覚めたり、眠りが浅いような睡眠はよくありません。
リラックスして、ぐっすりと寝れる環境が大切ですので、寝る前に、子供を叱らないようにしましょう。
明かりを消して部屋を暗くして自然な眠気を誘いましょう。

年代別の理想の睡眠時間

未就学の幼児

10時間以上の睡眠が欲しいです。
朝は起こさなくても自分で起きるのが理想です。
未就学の幼児の時に、早寝早起き、朝ご飯を食べるという良い習慣を身につけさせましょう。
昼寝は2時間くらいまでが良いとされています。

小学校低学年

小学校低学年は、思春期の前段階なので、10時間前後の睡眠が理想です。
小学校低学年の睡眠は、特に大切で、成長ホルモンの分泌に正比例して背が伸びていきます。
しっかり寝て、十分に成長ホルモンが分泌されるようにしましょう。

小学校高学年から中学生

小学校高学年から中学生くらいの思春期は、最も背が伸びる時期です。
9時間半程度の睡眠が理想です。
小学校高学年から中学生くらいの時期から分泌される男性ホルモンも背を伸ばしてくれるので、少々の寝不足でも意外に背は伸びます。
しかし、一生のうちで最も多くの成長ホルモンが分泌される時なので、極端な睡眠不足は、急激に背を伸ばすせっかくのチャンスを邪魔することになります。
心身ともに劇的に変化する思春期は、十分に体を休めることが大切です。
思春期の終わり(女子の初潮、男子の声変わり)頃なら、8時間程度の睡眠で十分です。

高校生以上

高校生以上ともなれば、7~8時間半くらいの睡眠が理想です。
すっきり目覚めるなら、もっと短い睡眠時間でも構いません。
大人でもよく寝ると、成長ホルモンが多く分泌されます。
大人にとっての成長ホルモンは、骨のメンテナンスや、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。
また、脂肪を溶かす効果があり、美容や健康面においても睡眠は大切なのです。

夜食は成長に悪影響を与えます

夜遅くまで起きていると、ついつい食べてしまう夜食ですが、最近は、夜更かしする子供が増え、夜食が習慣になっている子が多いようです。
寝る前に夜食を食べると、睡眠中の成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。
なので、夜食は、背の伸びに悪影響を与える可能性があります。
なぜ、夜食は背の伸びに悪影響を与える可能性があるのかと言いますと、夜食や甘いものを食べると血糖値が上昇し成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。
成長ホルモンが十分に分泌されるには、血糖値がある程度、下がっている必要があります。

夜食の有無と睡眠中の成長ホルモン分泌について
夜食の有無と睡眠中の成長ホルモン分泌について

引用元;サイト名:夜食はやめて朝食をたくさん食べよう! | 身長を伸ばす方法研究.com

このグラフを見ると、夜食なし・夜食ありの血中成長ホルモン濃度には、明らかに差があることが分かります。

夜食を取りたい時のコツは?

成長ホルモンを十分に分泌させるためには、就寝する2時間前には食事を終わらせるようにしましょう。
甘いもの、ジュースなども控えましょう。
既に、夜食を食べるという習慣がついてしまっている場合は、糖分よりもタンパク質の多い夜食に切り替えましょう。
例えば、卵やチーズ、豆類、牛乳など、血糖値が上がりにくい食事を選ぶようにしましょう。

大切なのは、夜食よりも朝食です

どうしても朝食と昼食は軽く、夕食に重点をおいてしまいますが、子供の場合、朝・昼・夕と同等くらいの配分にしたほうがいいです。
子供は体が小さい割に、多くのエネルギーや栄養素を必要としています。
朝・昼・夕の3回だけでは摂取しきれず、間食も夜食もタンパク質やカルシウムをしっかり与えることで、ようやく摂取できるのです。
朝食を軽く済ませたり、食べずにいると、必要な栄養素を摂取しにくくなってしまいます。
夜食を食べて寝ると、朝は食べる気がしないかもしれません。
それなら、夜食をとらず十分な睡眠をとり、お腹が空いた朝に食事したほうが健康にはずっと良いのです。
夜型から朝型へのリズムが大切ですので、子供だけでも生活リズムを変えるようにしてみましょう。

睡眠は妨げないようにしましょう

成長ホルモンは、深い眠りに入ってから、たくさん分泌されます。
深い眠りに入ったころにお起こしてしまうと、せっかく高まっている成長ホルモンの分泌を低下させてしまいます。
自分で起きるのは構いませんが、できるだけ睡眠を妨げないことが大切です。
たとえ、夜尿をしていても、夜中に起こさないほうがよいのです。
夜中に起こされている子は、背が伸び悩むという事例が数多くあります。
背が伸び悩むのは、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまうからです。
夜中に起こさないことは、背を伸ばすことはもちろん、夜尿を改善することにも関係しています。

熟睡は夜尿症の改善にも大切なのです

寝ているときに起こすと、成長ホルモンだけでなく、抗利尿ホルモンの分泌も悪くなります。
抗利尿ホルモンには、尿の量を減らす作用があると同時に、成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。
つまり、夜中に起こすと、抗利尿ホルモンが少なくなり、余計に夜尿をしやすくなるという悪循環にもなりかねないのです。

夜尿改善のためにできること

夜尿を防ぐには、まず、夕方以降の水分を控えましょう。
夜の尿意を抑える抗利尿ホルモンは、体に水分が十分にあると、あまり分泌されません。
夜間の水分の摂り過ぎは、抗利尿ホルモンの分泌を悪くします。
朝は水分をしっかり摂り、水分の補強を一日の前半にしましょう。
寝る前の6時間ほどは水分を控えます。
つまり、日中は水分を十分に摂って体内を湿った状態に、夜間はドライな状態にするというリズムが大切なのです。
朝、昼は、普通に過ごし、夕方4時ごろからは水分を控えはじめます。
夕食は早めにし、汁物はやめて、お茶も一杯までです。
風呂上がりに喉が渇いたら、氷1個でのどを潤しましょう。
これで、夜尿が治ることがあります。
改善されない場合は、主治医の先生に相談しましょう。

身長を伸ばすための良い運動、悪い運動

良いのは適度な刺激のある運動

背を伸ばすのに適しているのは、食欲を増進させ、熟睡をもたらし、骨にある程度の刺激を与える運動です。
骨の発育には、骨への縦方向の圧力がかかる運動が適していると言われています。
例えば、ジョギング、縄跳び、ダンス、バスケットボール、バレーボールなどです。
ただし、無理やりさせるのは禁物です。
背を伸ばすには、情緒の安定がもっとも大切です。
一番良いのは、子供に好きな運動を選ばせてあげることです。
極端に言えば、特別なスポーツでなくてもいいのです。
鬼ごっこやゴム跳び、ドッジボールなど、遊びの中でも十分な運動になるものはたくさんあります。
外で元気に遊ぶことが何よりなのです。

悪いのは激しい過度な運動

消耗の激しい過度な運動は、体の負担になり、成長を妨げてしまいます。
骨への圧力が大きいものは、骨が伸びにくくなってしまいます。
長距離走など消耗の激しい運動は骨の伸びには悪影響があります。
運動のやりすぎで、疲れ、ろくに食事を食べずに寝てしまうのでは、背が伸びないばかりか、健康を害してしまいます。
激しいスポーツに耐えられるのは、体ができて、背の伸びが止まりはじめる高校生くらいからです。

外でたくさん遊ぶ習慣が大切

熟睡中の成長ホルモン分泌と運動の関係
熟睡中の成長ホルモン分泌と運動の関係

引用元;サイト名:どうすればもっと身長を伸ばすことが出来るのか?|ぬかたクリニック ホームページ

背が伸びても体力や運動能力がなくては、健全な体とはいえません。
運動することで、体力も運動能力も向上します。
運動そのものが成長ホルモンの分泌を促し、睡眠中の成長ホルモンの分泌は、運動をしない日よりも高まります。
友達や家族と一緒に運動を楽しむことで、情緒も安定し、健全な成長へと導くことができるのです。
平日は子供同士で思いっきり外で遊ばせて、休日には家族でハイキングなどを楽しむ、こうした習慣が大切なのです。

身長を高く見せるための良い姿勢と悪い姿勢

良い姿勢と悪い姿勢の違い

良い姿勢は、背筋が伸び正面から見ると体が真っ直ぐで左右対称であることです。
悪い姿勢は、猫背だったり背骨が歪んだりしています。
姿勢を正すと背筋が伸びて、見た目も綺麗で背の高い印象を与えることになります。
最近、特に背骨が歪んでいる子供が増えています。
肩の高さは左右同じか、背中の肩甲骨の高さや位置は左右対称か、深くお辞儀をした時に肩や肩甲骨の高さが同じかなどを一度、確認してみてください。

姿勢を良くする方法

姿勢をよくするための体操や注意点について書いていきます。
あまりにも姿勢が悪くなると、体操だけでは治らないので、整形外科医に相談しましょう。
①腹筋を強化する…腹筋を鍛える体操を毎日、5~10回ほど繰り返しましょう。
②背骨を強化する…うつぶせになり、両手を腰の後ろに組みます。ゆっくりと上体を上げて3~5秒間静止します。これを毎日、20回くらい行いましょう。
③よい姿勢を常に意識する…姿勢をよくするコツは、頭のてっぺんの髪の毛に風船を結びつけ、いつも上に引っ張られているような感覚を持つことです。
絶えず、よい姿勢を意識することが一番大切です。
④姿勢を悪くする原因を取り除く…
・重いカバンは左右の肩に均等になるように…重いカバンを長時間持ち歩くと、姿勢が悪くなることがあります。特に、きゃしゃな子供には注意しましょう。
・歩きやすい靴にしましょう…靴のサイズは、大きすぎても小さすぎても姿勢が悪くなる原因になります。足元が不安定では、身長増加の妨げになってしまいます。

肥満になるのは、睡眠・運動不足と栄養のかたより

運動で太りにくい体質にする

身長を伸ばすために必要なのは、適度な運動、そして、十分な睡眠と偏りのない栄養です。
身長を伸ばすには、健康管理が最も大切になります。
健康であるからこそ、運動ができ、食欲がわき、熟睡ができるのです。
肥満になると成長ホルモンの分泌が低下し、早熟傾向となり早く大人の体になります。
24時間の成長ホルモンの分泌の様子
結果的に、背の伸びる期間が短くなってしまいますので、日々の生活習慣の中で、肥満にならないよう、特に気を付けてください。
肥満にならないようにするためには、やはり運動です。
運動による刺激が骨の成長を促し、成長ホルモンの分泌を促します。
運動によって、成長ホルモンの分泌が高まりますので、脂肪を溶かし燃焼してくれます。
運動をすることで、よい睡眠を誘い、成長ホルモンを分泌させて脂肪を溶かすリズムが、太りにくい体質へと変えてくれます。
肥満が原因で運動嫌いになり、ゲームばかりして夜遅くまで起きていたりすると、成長ホルモンの分泌が妨げられ、さらに脂肪がつきやすい体になってしまいます。
よりよい成長ホルモンの分泌のために、食事だけでなく、運動や睡眠を意識することも肥満解消には大切なのです。
あまり食べてくれない、なかなか寝てくれないなど、子供の健康管理が思うようにいかない時は、まず、運動させる、外で体を動かして遊ばせることからはじめてみましょう。

背を伸ばすために一番大切なことは親の愛情なのです

食事、運動、睡眠に問題がなくても、愛情がなければ子供は育ちません。
子供は精神状態が不安定になると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、身長の伸びは悪くなってしまうのです。
また情緒が不安定だと、食欲がなくなったり、睡眠が浅くなったりして、身長の伸びが悪くなると考えられます。。
食事、運動、睡眠のどれも大切ですが、何よりも愛情がないと、心の安定が得られず、成長しにくくなってしまいます。

母親の愛情は欠かせません

特に、母親の愛情は、身長の増加に大切です。
時には、親からの愛情を奪われたために背が伸びにくい状態になることがあります。

ニコニコ笑顔で過ごせる環境が大切

環境の変化も子供の成長に関係あります。
例えば、新学期にクラス替えがあったり、引っ越しがあると、ストレスが強くなり、成長ホルモンの分泌が悪くなる場合があります。
運動も食事も、そして生活環境も、理屈ではなく楽しいことが一番なのです。
子育ては思うようにはいかないものですが、いつもニコニコ笑顔で、のびのびと過ごすことが、子供の成長にとても大切だということを忘れないようにしましょう。

夫婦の仲が良いと子供の身長は伸びます

夫婦喧嘩は、子供の身長の伸びを悪くし、早熟になり早く成長を止めることになります。

夫婦喧嘩は背の伸びを止める

夫婦仲は、子供の成長に影響するのです。
夫婦喧嘩をしていると、子供は情緒不安定になり、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。
両親が喧嘩している姿を見ていると、子供は無意識に身の危険を感じ、本能的に早く大人になろうとして、思春期が早く訪れる傾向が強くなります。
早く大人になると、骨が固まってしまい、背は伸びなくなり、成長が止まってしまうのです。

両親の離婚・再婚が身長の伸びに与える影響

親の離婚や再婚は、子供に大きなストレスを与え、身長の伸びにも密接に関係しています。
子供の精神状態は、身長の伸びに大きな影響を与えます。
時には、離婚という選択もやむをえないかもしれませんが、子供の精神的な安定は、最優先で考慮したいものです。

子供への虐待は成長ホルモンの分泌を減らします

親から子供への虐待の問題が深刻になっています。
子供への虐待は、子供に大きなストレスを与え情緒不安定にさせるため、成長ホルモンの分泌が減り身長が伸びなくなってしまいます。

身長伸ばすにはどうしたらいいのかをまとめると…

十分な睡眠時間を確保すること

身長を伸ばすのに大切な成長ホルモンは、寝ている時に多く分泌されます。
規則正しい生活リズムを心掛け、熟睡できる環境にしましょう。
テレビやゲームは、ほどほどにしておきましょう。

外で十分に遊ばせること

成長ホルモンの分泌や骨の成長からみても、運動は大切です。
運動=スポーツである必要はありませんので、外で思いっきり走り、体を動かして遊ばせることが大切です。

何よりも愛情が一番大切

情緒が不安定では、身長の伸びも悪くなります。
身長を伸ばすには、たっぷりの愛情を受けていることが何よりも大切ですあり、楽しくてリラックスできる家庭環境が不可欠なのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*