身長伸ばすには

身長が伸びるのは、子供の時期だけです

身長が伸びる時期には、限界があります。
乳幼児から中学生くらいまでが伸びる時期と言われています。
体が大人になってしまうと、もう伸びませんし、今のところ、大人の身長を伸ばす方法はありません。
身長を伸ばすのは、子供の時期だけなので、この時期に親として出来るだけの事をしてあげましょう。

身長伸ばす成長ホルモン療法について正しい知識が分かるサイトです

身長伸ばす成長ホルモン療法について正しい知識が分かるサイトです
このページの目次

低身長とは?低身長の目安・基準

低身長の基準
低身長の基準

引用元;サイト名:低身長の基準(目安)とは?

もし、お子さんが同年代の子と比べて、かなり背が低いと気になる場合、上の表の「低身長の基準」より、低いかどうか確認してください。
この表では、低身長の大まかな目安を男女別に示しています。
低身長の基準を上回る身長があっても、年間の身長の伸びが悪い場合も問題です。
1年間で少なくともこれくらいは伸びるという身長増加の基準を示したものが下の表です。

身長増加の基準
身長増加の基準

引用元;サイト名:低身長の基準(目安)とは?

子供は、今、何cmあるかという現在の身長だけでなく、今、何cm伸びているかという身長増加の経過が重要なのです。
もし、今、現在の背が低くても、背の伸び率が良ければ、心配いりません。
お子さんの背が、低身長の基準以下であり、2年続けて身長増加の基準を下回っている場合は、検査を受けたほうがよいでしょう。

身長が低いのは何かの病気なの?

低身長には、病気が原因である場合と、病気でない場合があります。
低身長の主な原因は、下記の通りです。
病気が原因の場合でも、発見が遅れてしまいがちになることがありますので、低身長が疑われるときは、早めに検査しましょう。

体質性低身長(正常低身長)

体質的なもので、病気ではありません。
極端な低身長になることは、まれです。

思春期遅発症

高校生になって急に身長が伸びたという人がいますが、それがこのタイプになります。
思春期の発来が遅れますが、最終的には正常身長に達します。
治療は不要です。

栄養不良

タンパク質不足は背が伸び悩みますが、極端な低身長になることは、まれです。

心理・社会的原因

社会の複雑化、家庭の崩壊など、精神的な影響で身長が伸びない場合は、成長ホルモン治療をしても効果はありません。

低出生体重性低身長症(SFD低身長症)

予定通りの出産なのに低体重の場合、出生後に追いつくことも多いのですが、追いつかずに、低身長となることもあります。
一部の国では、SFD低身長に成長ホルモン治療が使われています。
日本でもいずれ治療が行われるようになるかもしれません。

思春期早発症

思春期があまりに早いと身長が伸びないので、思春期を遅らせる治療をします。

染色体の病気

低身長の女子に多いターナー症候群は、成長ホルモンの投与が有効です。

骨の病気

軟骨に異常がみられる軟骨異栄養症では、極端な低身長になり、成長ホルモンの投与もある程度有効です。
手術(脚延長術)を試みる場合もあります。

ホルモンの病気

成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機能低下症などが原因の場合もあります。

内臓の病気

慢性腎不全(腎臓の病気でうまく尿がつくれない)では、成長ホルモンの投与がある程度有効です。

低身長の検査について

低身長の検査では、4つのことを行います。
この4つ検査の結果により、治療必要かどうか否かを判断します。
病気が疑われれば、その病気に応じて必要な検査も行っていきます。
低身長の検査結果を元に、成長ホルモン療法を施していきます。

過去の背の伸び率を振り返る

何歳何ケ月の時、何cmだったかという過去の記録を元に、背の伸びをグラフにしていきます。

手の骨のレントゲンを撮る

背が伸びていないということは、骨が伸びていないということになります。
手の骨のレントゲンを撮ることによって、発育の度合いを知ることができます。

尿検査で成長ホルモンを測定する

成長ホルモンは、夜寝ている間に分泌されます。
睡眠中に、ちゃんと成長ホルモンが分泌されていると、尿にも出てきます。
朝一番の尿中の成長ホルモン量を測定することで、睡眠中に、どの程度の成長ホルモンが分泌されているのかが分かります。

血液検査を行う

採血をして、骨を伸ばす重要なホルモンであるソマトメジンCの測定を行います。
夜間、成長ホルモンが十分に分泌されていると、肝臓やその他の組織でソマトメジンCが作られます。
ソマトメジンCを測定すれば、間接的に成長ホルモンが分泌されているかどうかが分かります。

成長ホルモンの分泌不全の可能性がある場合に行う検査について

低身長の4つの検査
①過去の背の伸び率を振り返る
②手の骨のレントゲンを撮る
③尿検査で成長ホルモンを測定する
④血液検査を行う
を行った結果、成長ホルモン分泌不全の可能性がある場合、成長ホルモン分泌刺激試験を行います。
成長ホルモン分泌刺激試験では、成長ホルモンの分泌が本当に不足しているのか、成長ホルモンはどのくらい不足しているのかを調べることができます。
成長ホルモンの分泌を促す薬を使って、成長ホルモンが出やすい状態にして、一定時間ごとに採血し、成長ホルモンが血液中にどのくらい出ているのかを調べます。

成長ホルモン分泌刺激試験とは?

成長ホルモンを分泌させる働きのある薬を注射もしくは服用して、血液中の成長ホルモン濃度がどれくらい上昇するか調べます。
採血するため、静脈に注射針を刺し検査中はそのままにしておきます。
針を刺す時はチクっとする痛みはありますが、採血の間に痛みを感じることはないので安心してください。
2~3時間にわたって数回の採血を行い、成長ホルモンの分泌量を調べます。

成長ホルモン分泌刺激試験は5種類の検査があります

成長ホルモン分泌刺激試験には、下記の5種類の検査があります。
アルギニン負荷試験
クロニジン負荷試験
L-DOPA負荷試験
インスリン負荷試験
グルカゴン負荷試験
これらの試験を行い成長ホルモンの分泌を刺激しても成長ホルモンが出ていない、もしきは分泌が少ない場合は、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されます。
成長ホルモン分泌刺激試験は、ホルモンの病気であるかどうかを診断する大切な検査なのです。

成長ホルモン治療は、どのような場合に効くのか?

成長ホルモンの投与は、成長ホルモンの分泌が正常な場合には、治療効果は期待できません。
成長ホルモンが不足している子供のみに有効です。
検査の結果、成長ホルモンの分泌が低いと診断されて、はじめて治療が可能になります。
検査では正常と言われたけど、成長ホルモンの注射で身長を伸ばしてほしいといっても、治療をはじめることはできません。
ただし、検査では正常と言われたけど、成長ホルモンの投与が有効な病気の場合には、治療を受けることができます。
有効なのは、下記の5つの病気の場合になります。
下記の5つの病気以外でも、背が伸び悩むことがあります。
本人や親にとっては、とても深刻な問題です。
そうした方たちに応えるため、さらに治療の幅や適用が広がるように、現在も検討が行われています。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、早期発見、早期治療が大切です。
背が低くて2~3歳幼く見えること以外は、他の子供との差がないため、発見が遅く、そして、診断も遅れるケースが多いです。
軽症では、小学校3~4年生での治療開始で平均身長に達することもありますが、重症の場合は、もっと早くに治療を開始すべきです。

ターナー症候群

骨が固まるのが遅く、子供の骨である期間が長くなるのが特徴です。
辛抱強く治療を続けると、かあんりの効果を期待できます。

軟骨異栄養症

骨の病気ですが、成長ホルモンの投与もある程度は有効なので、治療を試みる場合があります。

プラダー・ウィリー症候群

低身長、肥満、知的障害等がみられる病気です。
この病気では、成長ホルモンは肥満の改善にも役立ちます。

慢性腎不全

うまく尿が作られなくなる腎臓の病気です。

成長ホルモン治療は、なぜ必要なのか?

検査を行い、成長ホルモンが不足しているという結果が出た場合、成長ホルモン療法が必要になります。
治療を行わずに、そのうち自然に背は伸びると思っていても、平均身長には追いつきません。
成長ホルモンが不足している場合(成長ホルモン分泌不全性低身長症)は、思春期が遅くなるので、周りの人より遅れて思春期を迎えます。
思春期を迎える時期が遅れる分、身長の伸びは少し良くなりますが、成長ホルモンが不足しているため標準身長との差が大きくなってしまっています。
やっと背が伸びる時期がきたとしても、標準身長には追いつかない状態となっているのです。
背を伸ばすには、不足していているものを補うことが原則です。
成長ホルモンが不足していたら、成長ホルモンを補うことがとても大切なのです。

成長ホルモン治療をすると、どのくらい身長が伸びるのか?

成長ホルモンの注射をはじめると、背の伸びは約1.5~2倍になります。
治療以前は1年間に4cmの伸びだったとすると、6~8cmくらい伸びるようになります。
治療の効果は、はじめの1~2年に大きく伸び、その後は、なだらかになることもあります。
それでも、治療以前に比べると、よく伸びるようになるのです。
成長ホルモン製剤は、自宅での注射が認められています。
ですので、ほとんどの場合は、自宅で注射を行っています。
小さい子供の場合は、親などの保護者が行うのが一般的です。
注射の痛さを和らげるため、成長ホルモン専用の注射針は、一般の注射針よりもずっと細くなっています。
治療効果の確認や副作用の早期発見などのために、定期検診を受けながら、治療をしていきます。
主治医の指導を受けながら、治療を進めていくことになります。

成長ホルモン治療の期間はどのくらいなのか?

成長ホルモンの治療をはじめて身長の伸びが良くなっても、標準身長に追いつくには、何年もかかります。
周りの子供達の背も伸びているわけですから、1年に2~3cmずつくらいしか周りの子供達に追いつかないのです。
成長ホルモン治療は、なるべく早く開始したほうが良いでしょう。
早ければ早いほど、追いつくための周りとの身長差が少なくなります。
また、骨が子供の時期でないと、治療の効果が得られません。
治療が終了するのは骨の成長線(骨端線)が閉鎖してしまい、これ以上、骨が伸びなくなる時期です。
骨が伸びなくなる時期以降は、いくら成長ホルモンを注射しても、効果が得られないです。

成長ホルモン治療の費用について

治療期間が長いと聞くと、費用のほうも気になりますが、成長ホルモンの治療には、公費負担の制度が用意されています。
子供の背が、ある一定の基準を満たし、明らかに成長ホルモンの分泌が少ないと診断された場合は、医療費の補助を受けることができます。
また、診断内容によっては、公費負担の制度が利用できない場合があります。
でも、健康保険を利用した治療が可能です。
高額医療制度での補助も利用できますので、治療開始前に主治医の先生と、よくご相談いただくとよいでしょう。
治療には、個人差はありますが、数年の年月が必要で、根気もいりますし、周囲の心理的なサポートも重要になってきます。

成長ホルモン治療の医療費補助制度について

小児慢性特定疾患による医療費の補助
下記、内容に該当する場合、小児慢性特定疾患による医療費の補助を受けることができます。
※医療費の補助を受けるには一定の基準があります。詳しくは最寄りの保健所へお問合せください。
・-2.5SD以下の成長ホルモン分泌不全性低身長症
・ターナー症候群
・軟骨異栄養症
・プラダーウィリー症候群
健康保険が使えるが高額なため高額医療の制度で補助
下記、内容に該当する場合、高額医療の制度で補助を受けることができます。
※母子家庭や生活保護家庭は無料になります。
・-2.0SD以下の成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン治療による副作用について

成長ホルモンは、本来、人間の体の中にあるホルモンなので、成長ホルモン治療をしても、ほとんどの場合、副作用はありません。
風邪薬など、他の薬と重なっても問題ありません。
唯一の例外は、糖尿病治療薬のインスリンだけです。
まれに、成長ホルモン治療の初期に、頭痛がでることもあるようですが、一時的な頭痛で長引くことはありません。
成長ホルモン治療中に、骨や関節に軽い痛みが起こることがありますが、これは治療が非常にうまくいき、身長の増加が顕著な証拠です。
一種の成長痛と考えてよい場合がほとんどですが、股関節の痛みが強い場合には、注意が必要です。
在宅注射を開始して、一か月目、二か月目、三か月目に来院し、診察や身長、体重測定、副作用のチェックのための検査を行います。
その後、二~三か月に一度、同様の定期検査を行っていきます。
また、半年に一度は骨年齢を見るためのレントゲン検査も行う必要があります。
定期検査を受けることで、安心して治療を受けることができるのです。

自宅で注射できるかどうか心配です

成長ホルモンの注射は、在宅注射といって、自宅で行うことが原則です。
小さいお子さんでは保護者が、大きい子なら自分自身で行っています。
そのため、非常に簡単に注射できるように、ペンのような形をした注射器を使っています。
赤ちゃんの予防接種などで使われる注射針よりもずっと細くて短い針になっています。
お尻や太ももなどへ簡単にできる皮下注射(皮膚の浅い部分5~8mm下に行う注射)です。
血管注射や筋肉注射といった難しいものとは全く違うので、安心して行うことができます。
もちろん、病院で医師や看護師が何度も注射の仕方を指導しますので、必ず出来るようになります。
注射なので、子供が痛がらないかしらと気になりますが、とても細くて短い針の注射なので、痛みは最初にチクっとするくらいです。
痛みが少ないので、寝ている間に注射しても目を覚まさない子供も多いようです。
成長ホルモンの注射は、ほぼ毎日(1週間に6~7日)行います。
成長ホルモンは毎日分泌されているので、毎日補うほうが高い効果を得られます。
毎日行っても皮膚の浅い部分への注射なので、注射の跡が残るといった心配はありません。
痛みは少ないとはいえ、注射は好きなものではありませんので、注射に対する精神的なサポートがとても大切になります。
母親だけでなく父親も頑張ってねと声をかえるなど、家族全員が温かく見守ってあげることが大切です。

低身長クリニックでは、どのような治療をされているのか?

低身長を専門的に、診断と治療、食事療法などによる生活指導を行っています。
診察、検索には、おおよそ5日間かかります。

診察1日目

まず、子供の出生時から現在までの身長増加の記録(何歳何ヶ月で何cmだったか)を持参していただき、成長曲線を作成します。
男女別の基準成長曲線と照らし合わせ、身長増加率の状況を診ます。
診察では、特に、性発育の状態に注意します。
女子では、乳房の状態、男子では睾丸の発育状態を診ることで、思春期に入っているかどうかを確認できます。
そして、手のレントゲン写真を撮り、骨の発育状態を診ます。
手のレントゲンによって、年齢の割に未熟すぎないか、あるいは成熟しすぎていないか、あと何cmくらい伸びるのか、いつごろ身長の伸びが止まるのか、などの予測ができます。
さらに、子供の身長が低身長の基準の-2.0SD以下か、もしくは年間の身長増加率が悪い場合は、スクリーニング検査を行い、病気の有無の大まかな予測をたてます。

診察2日目

【スクリーニング検査の結果説明】
検査の結果、成長ホルモンの分泌が少ない可能性のある場合は、成長ホルモン分泌刺激試験による検査を計画します。

診察3日目

【一つ目の負荷試験】
薬を用いて脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促して、分泌状況を調べる検査です。
検査の時間は2~3時間くらいです。

診察4日目

【二つ目の負荷試験】
1回目の検査と同様、成長ホルモンの分泌状況を調べる検査です。
検査の種類によっては少し眠気をもよおす場合があります。

診察5日目

【一つ目と二つ目の負荷試験の検査結果の説明】
もし、二つの検査において、ともに異常があれば、成長ホルモン療法が必要となります。
具体的な治療の内容や計画、注意事項などの説明を行います。

身長伸ばすには生活習慣が大切だということが分かるサイトです

身長伸ばすには生活習慣が大切だということが分かるサイトです
このページの目次

理想的な睡眠時間はどのくらい?

理想的な睡眠時間は10時間前後です。
思春期までの睡眠時間や睡眠時間の質が最も大切になるのです。

十分な睡眠が成長を助けます

睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進させ、骨を休めるという役割を果たす大切なものです。
身長増加のために、目安としての理想的な睡眠時間があります。
子供の様子を見ながら、子供のリズムを大切にしながら、睡眠時間を保つようにしましょう。
睡眠は長ければよいというものではありません。
いくら10時間以上寝ていても途中で何度も目が覚めたり、眠りが浅いような睡眠はよくありません。
リラックスして、ぐっすりと寝れる環境が大切ですので、寝る前に、子供を叱らないようにしましょう。
明かりを消して部屋を暗くして自然な眠気を誘いましょう。

年代別の理想の睡眠時間

未就学の幼児

10時間以上の睡眠が欲しいです。
朝は起こさなくても自分で起きるのが理想です。
未就学の幼児の時に、早寝早起き、朝ご飯を食べるという良い習慣を身につけさせましょう。
昼寝は2時間くらいまでが良いとされています。

小学校低学年

小学校低学年は、思春期の前段階なので、10時間前後の睡眠が理想です。
小学校低学年の睡眠は、特に大切で、成長ホルモンの分泌に正比例して背が伸びていきます。
しっかり寝て、十分に成長ホルモンが分泌されるようにしましょう。

小学校高学年から中学生

小学校高学年から中学生くらいの思春期は、最も背が伸びる時期です。
9時間半程度の睡眠が理想です。
小学校高学年から中学生くらいの時期から分泌される男性ホルモンも背を伸ばしてくれるので、少々の寝不足でも意外に背は伸びます。
しかし、一生のうちで最も多くの成長ホルモンが分泌される時なので、極端な睡眠不足は、急激に背を伸ばすせっかくのチャンスを邪魔することになります。
心身ともに劇的に変化する思春期は、十分に体を休めることが大切です。
思春期の終わり(女子の初潮、男子の声変わり)頃なら、8時間程度の睡眠で十分です。

高校生以上

高校生以上ともなれば、7~8時間半くらいの睡眠が理想です。
すっきり目覚めるなら、もっと短い睡眠時間でも構いません。
大人でもよく寝ると、成長ホルモンが多く分泌されます。
大人にとっての成長ホルモンは、骨のメンテナンスや、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。
また、脂肪を溶かす効果があり、美容や健康面においても睡眠は大切なのです。

夜食は成長に悪影響を与えます

夜遅くまで起きていると、ついつい食べてしまう夜食ですが、最近は、夜更かしする子供が増え、夜食が習慣になっている子が多いようです。
寝る前に夜食を食べると、睡眠中の成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。
なので、夜食は、背の伸びに悪影響を与える可能性があります。
なぜ、夜食は背の伸びに悪影響を与える可能性があるのかと言いますと、夜食や甘いものを食べると血糖値が上昇し成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。
成長ホルモンが十分に分泌されるには、血糖値がある程度、下がっている必要があります。

夜食の有無と睡眠中の成長ホルモン分泌について
夜食の有無と睡眠中の成長ホルモン分泌について

引用元;サイト名:夜食はやめて朝食をたくさん食べよう! | 身長を伸ばす方法研究.com

このグラフを見ると、夜食なし・夜食ありの血中成長ホルモン濃度には、明らかに差があることが分かります。

夜食を取りたい時のコツは?

成長ホルモンを十分に分泌させるためには、就寝する2時間前には食事を終わらせるようにしましょう。
甘いもの、ジュースなども控えましょう。
既に、夜食を食べるという習慣がついてしまっている場合は、糖分よりもタンパク質の多い夜食に切り替えましょう。
例えば、卵やチーズ、豆類、牛乳など、血糖値が上がりにくい食事を選ぶようにしましょう。

大切なのは、夜食よりも朝食です

どうしても朝食と昼食は軽く、夕食に重点をおいてしまいますが、子供の場合、朝・昼・夕と同等くらいの配分にしたほうがいいです。
子供は体が小さい割に、多くのエネルギーや栄養素を必要としています。
朝・昼・夕の3回だけでは摂取しきれず、間食も夜食もタンパク質やカルシウムをしっかり与えることで、ようやく摂取できるのです。
朝食を軽く済ませたり、食べずにいると、必要な栄養素を摂取しにくくなってしまいます。
夜食を食べて寝ると、朝は食べる気がしないかもしれません。
それなら、夜食をとらず十分な睡眠をとり、お腹が空いた朝に食事したほうが健康にはずっと良いのです。
夜型から朝型へのリズムが大切ですので、子供だけでも生活リズムを変えるようにしてみましょう。

睡眠は妨げないようにしましょう

成長ホルモンは、深い眠りに入ってから、たくさん分泌されます。
深い眠りに入ったころにお起こしてしまうと、せっかく高まっている成長ホルモンの分泌を低下させてしまいます。
自分で起きるのは構いませんが、できるだけ睡眠を妨げないことが大切です。
たとえ、夜尿をしていても、夜中に起こさないほうがよいのです。
夜中に起こされている子は、背が伸び悩むという事例が数多くあります。
背が伸び悩むのは、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまうからです。
夜中に起こさないことは、背を伸ばすことはもちろん、夜尿を改善することにも関係しています。

熟睡は夜尿症の改善にも大切なのです

寝ているときに起こすと、成長ホルモンだけでなく、抗利尿ホルモンの分泌も悪くなります。
抗利尿ホルモンには、尿の量を減らす作用があると同時に、成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。
つまり、夜中に起こすと、抗利尿ホルモンが少なくなり、余計に夜尿をしやすくなるという悪循環にもなりかねないのです。

夜尿改善のためにできること

夜尿を防ぐには、まず、夕方以降の水分を控えましょう。
夜の尿意を抑える抗利尿ホルモンは、体に水分が十分にあると、あまり分泌されません。
夜間の水分の摂り過ぎは、抗利尿ホルモンの分泌を悪くします。
朝は水分をしっかり摂り、水分の補強を一日の前半にしましょう。
寝る前の6時間ほどは水分を控えます。
つまり、日中は水分を十分に摂って体内を湿った状態に、夜間はドライな状態にするというリズムが大切なのです。
朝、昼は、普通に過ごし、夕方4時ごろからは水分を控えはじめます。
夕食は早めにし、汁物はやめて、お茶も一杯までです。
風呂上がりに喉が渇いたら、氷1個でのどを潤しましょう。
これで、夜尿が治ることがあります。
改善されない場合は、主治医の先生に相談しましょう。

身長を伸ばすための良い運動、悪い運動

良いのは適度な刺激のある運動

背を伸ばすのに適しているのは、食欲を増進させ、熟睡をもたらし、骨にある程度の刺激を与える運動です。
骨の発育には、骨への縦方向の圧力がかかる運動が適していると言われています。
例えば、ジョギング、縄跳び、ダンス、バスケットボール、バレーボールなどです。
ただし、無理やりさせるのは禁物です。
背を伸ばすには、情緒の安定がもっとも大切です。
一番良いのは、子供に好きな運動を選ばせてあげることです。
極端に言えば、特別なスポーツでなくてもいいのです。
鬼ごっこやゴム跳び、ドッジボールなど、遊びの中でも十分な運動になるものはたくさんあります。
外で元気に遊ぶことが何よりなのです。

悪いのは激しい過度な運動

消耗の激しい過度な運動は、体の負担になり、成長を妨げてしまいます。
骨への圧力が大きいものは、骨が伸びにくくなってしまいます。
長距離走など消耗の激しい運動は骨の伸びには悪影響があります。
運動のやりすぎで、疲れ、ろくに食事を食べずに寝てしまうのでは、背が伸びないばかりか、健康を害してしまいます。
激しいスポーツに耐えられるのは、体ができて、背の伸びが止まりはじめる高校生くらいからです。

外でたくさん遊ぶ習慣が大切

熟睡中の成長ホルモン分泌と運動の関係
熟睡中の成長ホルモン分泌と運動の関係

引用元;サイト名:どうすればもっと身長を伸ばすことが出来るのか?|ぬかたクリニック ホームページ

背が伸びても体力や運動能力がなくては、健全な体とはいえません。
運動することで、体力も運動能力も向上します。
運動そのものが成長ホルモンの分泌を促し、睡眠中の成長ホルモンの分泌は、運動をしない日よりも高まります。
友達や家族と一緒に運動を楽しむことで、情緒も安定し、健全な成長へと導くことができるのです。
平日は子供同士で思いっきり外で遊ばせて、休日には家族でハイキングなどを楽しむ、こうした習慣が大切なのです。

身長を高く見せるための良い姿勢と悪い姿勢

良い姿勢と悪い姿勢の違い

良い姿勢は、背筋が伸び正面から見ると体が真っ直ぐで左右対称であることです。
悪い姿勢は、猫背だったり背骨が歪んだりしています。
姿勢を正すと背筋が伸びて、見た目も綺麗で背の高い印象を与えることになります。
最近、特に背骨が歪んでいる子供が増えています。
肩の高さは左右同じか、背中の肩甲骨の高さや位置は左右対称か、深くお辞儀をした時に肩や肩甲骨の高さが同じかなどを一度、確認してみてください。

姿勢を良くする方法

姿勢をよくするための体操や注意点について書いていきます。
あまりにも姿勢が悪くなると、体操だけでは治らないので、整形外科医に相談しましょう。
①腹筋を強化する…腹筋を鍛える体操を毎日、5~10回ほど繰り返しましょう。
②背骨を強化する…うつぶせになり、両手を腰の後ろに組みます。ゆっくりと上体を上げて3~5秒間静止します。これを毎日、20回くらい行いましょう。
③よい姿勢を常に意識する…姿勢をよくするコツは、頭のてっぺんの髪の毛に風船を結びつけ、いつも上に引っ張られているような感覚を持つことです。
絶えず、よい姿勢を意識することが一番大切です。
④姿勢を悪くする原因を取り除く…
・重いカバンは左右の肩に均等になるように…重いカバンを長時間持ち歩くと、姿勢が悪くなることがあります。特に、きゃしゃな子供には注意しましょう。
・歩きやすい靴にしましょう…靴のサイズは、大きすぎても小さすぎても姿勢が悪くなる原因になります。足元が不安定では、身長増加の妨げになってしまいます。

肥満になるのは、睡眠・運動不足と栄養のかたより

運動で太りにくい体質にする

身長を伸ばすために必要なのは、適度な運動、そして、十分な睡眠と偏りのない栄養です。
身長を伸ばすには、健康管理が最も大切になります。
健康であるからこそ、運動ができ、食欲がわき、熟睡ができるのです。
肥満になると成長ホルモンの分泌が低下し、早熟傾向となり早く大人の体になります。
24時間の成長ホルモンの分泌の様子
結果的に、背の伸びる期間が短くなってしまいますので、日々の生活習慣の中で、肥満にならないよう、特に気を付けてください。
肥満にならないようにするためには、やはり運動です。
運動による刺激が骨の成長を促し、成長ホルモンの分泌を促します。
運動によって、成長ホルモンの分泌が高まりますので、脂肪を溶かし燃焼してくれます。
運動をすることで、よい睡眠を誘い、成長ホルモンを分泌させて脂肪を溶かすリズムが、太りにくい体質へと変えてくれます。
肥満が原因で運動嫌いになり、ゲームばかりして夜遅くまで起きていたりすると、成長ホルモンの分泌が妨げられ、さらに脂肪がつきやすい体になってしまいます。
よりよい成長ホルモンの分泌のために、食事だけでなく、運動や睡眠を意識することも肥満解消には大切なのです。
あまり食べてくれない、なかなか寝てくれないなど、子供の健康管理が思うようにいかない時は、まず、運動させる、外で体を動かして遊ばせることからはじめてみましょう。

背を伸ばすために一番大切なことは親の愛情なのです

食事、運動、睡眠に問題がなくても、愛情がなければ子供は育ちません。
子供は精神状態が不安定になると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、身長の伸びは悪くなってしまうのです。
また情緒が不安定だと、食欲がなくなったり、睡眠が浅くなったりして、身長の伸びが悪くなると考えられます。。
食事、運動、睡眠のどれも大切ですが、何よりも愛情がないと、心の安定が得られず、成長しにくくなってしまいます。

母親の愛情は欠かせません

特に、母親の愛情は、身長の増加に大切です。
時には、親からの愛情を奪われたために背が伸びにくい状態になることがあります。

ニコニコ笑顔で過ごせる環境が大切

環境の変化も子供の成長に関係あります。
例えば、新学期にクラス替えがあったり、引っ越しがあると、ストレスが強くなり、成長ホルモンの分泌が悪くなる場合があります。
運動も食事も、そして生活環境も、理屈ではなく楽しいことが一番なのです。
子育ては思うようにはいかないものですが、いつもニコニコ笑顔で、のびのびと過ごすことが、子供の成長にとても大切だということを忘れないようにしましょう。

夫婦の仲が良いと子供の身長は伸びます

夫婦喧嘩は、子供の身長の伸びを悪くし、早熟になり早く成長を止めることになります。

夫婦喧嘩は背の伸びを止める

夫婦仲は、子供の成長に影響するのです。
夫婦喧嘩をしていると、子供は情緒不安定になり、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。
両親が喧嘩している姿を見ていると、子供は無意識に身の危険を感じ、本能的に早く大人になろうとして、思春期が早く訪れる傾向が強くなります。
早く大人になると、骨が固まってしまい、背は伸びなくなり、成長が止まってしまうのです。

両親の離婚・再婚が身長の伸びに与える影響

親の離婚や再婚は、子供に大きなストレスを与え、身長の伸びにも密接に関係しています。
子供の精神状態は、身長の伸びに大きな影響を与えます。
時には、離婚という選択もやむをえないかもしれませんが、子供の精神的な安定は、最優先で考慮したいものです。

子供への虐待は成長ホルモンの分泌を減らします

親から子供への虐待の問題が深刻になっています。
子供への虐待は、子供に大きなストレスを与え情緒不安定にさせるため、成長ホルモンの分泌が減り身長が伸びなくなってしまいます。

身長伸ばすにはどうしたらいいのかをまとめると…

十分な睡眠時間を確保すること

身長を伸ばすのに大切な成長ホルモンは、寝ている時に多く分泌されます。
規則正しい生活リズムを心掛け、熟睡できる環境にしましょう。
テレビやゲームは、ほどほどにしておきましょう。

外で十分に遊ばせること

成長ホルモンの分泌や骨の成長からみても、運動は大切です。
運動=スポーツである必要はありませんので、外で思いっきり走り、体を動かして遊ばせることが大切です。

何よりも愛情が一番大切

情緒が不安定では、身長の伸びも悪くなります。
身長を伸ばすには、たっぷりの愛情を受けていることが何よりも大切ですあり、楽しくてリラックスできる家庭環境が不可欠なのです。

身長伸ばす食べ物について正しい知識が分かるサイトです

身長伸ばす食べ物
このページの目次

身長を伸ばす栄養素で一番重要なタンパク質について

背を伸ばすために、一番重要な栄養素は、タンパク質です。
背を伸ばすということは、骨を伸ばすことです。
タンパク質は、骨や筋肉の材料となって骨を大きくし、成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。
よく、カルシウムを摂ると背が伸びると言いますが、背を伸ばす栄養素としては、第一に、タンパク質になります。
年齢別で一日に必要なタンパク質の量を下記に書いています。
1~2歳:35g
3~5歳:45g
6~8歳:55g(女子)、60g(男子)
9~11歳:65g(女子)、75g(男子)
12~14歳:70g(女子)、85g(男子)
15~17歳:65g(女子)、80g(男子)
成人:55g(女子)、70g(男子)
小学生(6歳~12歳)は55g~85g、思春期(10歳~18歳)は、65g~80gが必要になり、成人:55g(女子)、70g(男子)と比べて多くなっています。
子供の体は小さいですが、成人が必要とするタンパク質の量よりも多くを必要としています。
タンパク質が不足している子供が、十分なタンパク質を摂るようになれば、背の伸びは良くなります。
だからといって、タンパク質を大量に摂りすぎると、肥満になったり、排便で体外へ排出されたりするので、必要以上を摂ることなく、適量にしておきましょう。
タンパク質を摂っていく上で、最も大切なのは、朝食を食べることです。、
最近は、朝食を食べない人が多いようですし、朝食を食べていても簡単に済ませていたりしているようですので、必要な栄養素が摂取できていないのは当然です。
例えば、パン食なら、パンだけでなく、ゆで卵と牛乳1杯をプラスするだけでタンパク質は12gも増えます。
更に、ハムやツナを乗せたトーストにすれば、かなりのタンパク質が増えます。
ちょっと手を加えるだけでタンパク質の摂取量は増えるのです。

タンパク質を摂るなら高タンパク質・低カロリーの食材を選びましょう

肉の部位別タンパク質の含有量
肉の部位別タンパク質の含有量

引用元;額田 成(2007). 子どもの身長を伸ばすためにできること PHP研究所

魚のタンパク質と脂肪の関係
魚のタンパク質と脂肪の関係

引用元;額田 成(2007). 子どもの身長を伸ばすためにできること PHP研究所

肉や魚など、タンパク質の多い食品には、脂肪分も多く含まれていることがあります。
肥満にならないように、背を伸ばすには、高タンパク質・低カロリーの食材が最適です。
まず、肉類ですが、肉の種類によって、含まれる脂肪の量が違います。
高級な霜降り牛肉は、脂肪が多くタンパク質は少ないので、決して、高くて高級なお肉が良いとは限りません。
ハンバーグは、カロリーが高く、例えば、5歳児だと、ハンバーグ1個で1日に必要なカロリーの4分の1を摂取してしますので、特に注意しましょう。
牛肉・豚肉は、もも肉やフィレ肉をおすすめいたします。
鶏肉は、ささみが最もヘルシーですが、もも肉や胸肉でも皮をとれば脂肪が半減します。
魚は、肉と比べて、高タンパク質・低カロリーのものが多い食材です。
しかし、魚は種類によって異なります。
たら、まぐろの赤身は、とても高タンパク質で低カロリーです。
反対に、ぶり、さばは、タンパク質が少ない高カロリーな魚です。
カロリーを減らすには、脂肪分を落とす調理法にしましょう。
基本的に、脂身はカットします。
揚げる・炒めるは減らして、蒸す・網焼きで油を落とす料理を増やしましょう。
肉類中心の食事では、動物性脂肪の摂りすぎになるので、納豆や豆腐などの大豆製品からもタンパク質を摂るようにしましょう。
豆類は、ヘルシーな上にタンパク質が多いので、背を伸ばすためにとても良い食品です。

カルシウムの豊富な食品と上手な摂取の仕方について

カルシウムの豊富な食品
カルシウムの豊富な食品

引用元;サイト名:どうカルシウムをとればよいの? | 公益財団法人 骨粗鬆症財団

乳製品は、カルシウムの摂取に最も優れた食品です。
牛乳のほか、チーズやヨーグルトに含まれています。
牛乳やチーズ、ヨーグルトを材料にしたメニューを取り入れば、自然にカルシウムを摂取できます。
スキムミルクはカロリーが低く、肥満ぎみの子供におすすめです。
乾燥ワカメや干しエビなどの海産物も、カルシウムが豊富なので常備しておきたい食品です。
野菜は、小松菜が代表格です。
大豆製品は、カルシウムの他にも、タンパク源としても大切な食品です。

日本のカルシウムの食事摂取推奨値
日本のカルシウムの食事摂取推奨値

引用元;サイト名:日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

カルシウムは成長には欠かせないのですが、日本人のカルシウム摂取量は、ここ数年伸び悩んでいます。
最も背が伸びる小学生から高校生の子供は、大人の所要量(一日550~600mg)の1.3倍の600~800mgが必要なのです。
日本のカルシウム所要量の推奨値600~800mgは、諸外国で定められている量と比べると少ないほうです。
最低でも日本の推奨値600~800mgを摂取してもらい、できればアメリカの基準値(10歳未満・成人は800mg、11歳~18歳は1200mg)を満たすように心がけましょう。

最近、特に注目されている背を伸ばすために必要な栄養素とは?

タンパク質やカルシウムも大切ですが、背を伸ばすために必要な栄養素は、他にもあります。

成長ホルモンの分泌を促す亜鉛について

亜鉛が多く含まれる食品
亜鉛が多く含まれる食品

引用元;額田 成(2007). 子どもの身長を伸ばすためにできること PHP研究所

最近、亜鉛やマグネシウムの重要性が注目されています。
亜鉛は、体内の酸素の働きを助け、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
亜鉛の一日の所要量は、アメリカでは15mg、日本では1~13歳:3~8mg、14~18歳:9~11mgとなっています。

亜鉛の推奨栄養所要量
亜鉛の推奨栄養所要量

引用元;サイト名:亜鉛 | 海外の情報 | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

骨の成長に影響するマグネシウムについて

マグネシウムが多く含まれる食品
マグネシウムが多く含まれる食品

引用元;サイト名:和食を上手に食べて健康長寿世界一に!(平成28年3月) | 健康ひょうご21県民運動ポータルサイト

マグネシウムは、カルシウムの吸収と代謝を調節します。
大切なのは、カルシウムとマグネシウムのバランスで、カルシウム:2に対してマグネシウム:1が理想のバランスになります。
カルシウムだけを大量に摂っていると、余分なカルシウムは体外に排出されます。
その際、マグネシウムも一緒に排出されてしまいます。
排出によって不足してしまったマグネシウムは、不足を補うために骨から血液中に溶け出しますが、カルシウムも一緒に骨から溶け出してしまいます。
つまり、カルシウムだけを摂ると、かえって骨のカルシウムが減ってしまうのです。
マグネシウムは、木綿豆腐や納豆、大豆、枝豆、干しひじき、カツオ、ほうれん草などに多く含まれています。
マグネシウムを摂取することで、カルシウムの排出を防ぐことができます。

添加物を多く含む食品は注意してください!

ハム、ソーセージなどの加工食品や市販のハンバーグ、缶ジュースや清涼飲料水などは、子供が好み、親にとっても便利な食品です。
でも、これらの加工食品は、食品添加物を多く含んでいます。
これらの加工食品に含まれる添加物の一部(リン酸塩、フィチン酸など)は、体内や食品中のカルシウムや亜鉛、マグネシウムを体外に追い出してしまいます。
子供の発育に有害でも、発がん性がなければ使用されているのが現状です。
リン酸塩、フィチン酸などの添加物は、子供が好きな食品に多く含まれているので、注意が必要です。

少しの手間で添加物をある程度、取り除くことができます

リン酸塩などの添加物から子供を守るには、どうしたらいいのでしょうか。
もちろん、手作りが一番ですが、熱湯などでゆでこぼすと、ある程度、添加物を取り除くことができます。
カップめん…カップに熱湯を注いで、約1分おいた後、このお湯を捨て、再度、熱湯を入れ直しましょう。
袋入りラーメン…麺をゆでたらザルに入れお湯を切り、別のお湯で作っておいたスープに麺を入れて食べましょう。
ゆでて袋に詰められているうどん…スーパーなどで売られているうどんには、歯ごたえをよくするためにリン酸塩を使っているものがありますので、ゆでこぼしてから使いましょう。
ハム…お湯に約15秒つけます。
かまぼこ…薄く切り、しゃぶしゃぶのようにお湯にさっとくぐらせます。
市販のそうざい…ワカメやほうれん草などの具がたっぷり入った味噌汁を添えると、カルシウムや食物繊維などが塩分やリン酸塩の影響を防いでくれます。

さらに注意したい環境ホルモン

環境ホルモンは、体内のホルモンバランスを崩し、男児の生殖能力を弱め、女児の性成熟を早めるのではと心配されています。
神経質になる必要はありませんが、次のことに気をつけましょう。
・なるべく産地や生産者が分かる食材を選ぶ
・葉野菜はよく洗ってから使う
・輸入時の農薬散布がない国産を選ぶ
・魚は遠洋のもののほうが比較的安心
・汚染物質を含んでしまう肉の脂身は除く

太らずに身長を伸ばすには?

肥満になると、背を伸ばすのに重要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。
また、肥満によって、早く思春期を迎えやすくなりますので、身長の伸びも早く止まりやすいのです。
肥満児の場合、栄養状態がとてもよいのd、小学校低学年くらいまでは、比較的、身長が高い子が多いようですが、次第に、背の伸びが悪くなってしまうことが多いのです。
肥満の解消には、特に、毎日の食生活が大切です。
もし、肥満だったり、肥満の傾向がある場合、次の5項目を実行してみましょう。

よくかんで食べましょう

一口につき、20回以上かんで食べましょう。

ジュース、清涼飲料水はあまり飲まない

ジュース類には、砂糖がたくさん入っています。
果汁100%なら大丈夫と思ったら、大間違いで、果糖の摂り過ぎも駄目です。
牛乳は低脂肪を選び、1日500mlまでにしましょう。

ジャンクフードの食べ過ぎに要注意

スナック菓子、ファーストフード、インスタント食品などのジャンクフードは、カロリーが高く、添加物も多いです。
カップ麺は、ご飯の3杯分のカロリー、ポテトチップスは、ご飯の0.9杯分のカロリーに相当します。
主食(朝食・昼食・夕食)以外は、あまり食べない。
太りやすい食品は、最小限にすることが大切です。

体重のグラフをつける

毎日、体重を計りグラフ(表はNG)にします。
グラフにすることで、視覚に訴えることができます。
体重を意識させるために、1日2回以上、計測してもいいでしょう。

食後の片付けを手伝わせる

食べた後に、ゴロゴロさせてはいけません。

小食では身長が伸びません

成長には食事が大事と分かっていても、肝心の子供が食べてくれないことがあります。
小食は、ちょっとの工夫で、ある程度、改善できます。
そうすれば、自然に成長へとつながります。
まず、小食の主な原因を挙げてみますので、なぜ食欲が出ないのか、理由を考えてみましょう。
・運動不足、運動のしすぎ…運動不足はもちろん、過度の運動もよくない
・夕食の時に眠くなる…低年齢児によくあるケース。食事の時間の見直しを。
・お菓子の食べすぎ…食べすぎは、食欲不振の原因です。
・牛乳の飲み過ぎ…飲み過ぎは、満足感を与える。食事時は牛乳よりお茶を。
・偏食に気をつかいすぎる…偏食を治したいために食事時の雰囲気が悪くなっていないか?
・味覚障害…味に鈍感な子供が増えている。外食やインスタント食品は控えましょう。
・食事中に気が散る…テレビに気をとられて、食事が進まないことがあります。
・親や兄弟が早食い…夕食は家族の一日の中で、重要な時間。ゆっくりくつろいで食べましょう。
・便秘や不規則な排便…規則正しい便通がないと、食欲にムラが出る。毎日一定の時間に排便するように心掛ける。
・お腹が空いた時に食事がない…手作りの食品を常備しておき、すぐに出せるようしておく。
・病気で食欲がないことも…病気や虫歯が食欲不振の原因であることも。

身長を伸ばすために上手に栄養を摂るのは?

親も子も楽しく食べよう

単に、栄養を与えればよいというわけではありません。
子供には、食べる楽しみも必要なのです。
ストレスを感じながら食べると、栄養の吸収力が変わってしまうのです。
親が食事の準備に負担を感じてしまっては、子供も食事を楽しむことができません。
ポイントをおさえて、上手に手抜きをして食事の準備をしましょう。

栄養を上手に摂るコツ

料理は、一度に倍量を作っても、そんなに手間は変わりません。
なので、作り置きをしておきましょう。
1回分ずつ小分けにして冷凍保存しておけば、使うときに便利です。
子供が小食の場合、食事は1日4回にしても構いませんので。
園や学校から帰った午後3時や4時ごろは、一番お腹がすく時間帯なので、消化もよく、美味しく食べられます。
おやつ感覚で、バナナや枝豆、チーズなどを与えてもいいでしょう。
和食メニューを増やしましょう…洋食中心では動物性脂肪を摂り過ぎる傾向になるので、豆腐(タンパク質、カルシウム、ミネラルが豊富)、海藻類(ヘルシーなミネラル類)などを使った和食メニューを増やしましょう。
朝と昼をしっかり食べましょう…夕食はきちんと食べても、朝や昼は手を抜いてしまう人が多いようですが、前の日に材料を多めに切る、翌日の分も多めに作っておくなど、手間を省いて、しっかり食べる工夫も大切です。
休日の食事で差がつく…休日は、つい、手を抜きがちですが、週に1~2日でも栄養が不足すると、いずれ影響が出てきますので、子供にも手伝わせて一緒に食事の準備をしましょう。
外食も賢くメニューを選びましょう…外食するときは、高タンパク質・低カロリーのメニューを選ぶようにしましょう。

身長を高くする高タンパク質・低カロリーの食材ランキング

魚・第一位【まぐろ】

まぐろの赤身は、高タンパク質・低カロリーで、タンパク質の含有量は、魚の中ではNo.1です。
ヒスチジンやアンセリンなどのアミノ酸、健康に有用なEPAやDHAがたくさん含まれています。

魚・第二位【たら】

味は淡白ですが、たらの肉は脂肪が低く、タンパク質を多く含んでいます。
たらを加熱調理すると、チオプロリンというアミノ酸ができ、発がん性物質の生成を抑制する働きがあります。
たらは、長期間冷凍保存すると、スポンジ状になり味も落ちてしまうので注意してください。

魚・第三位【かつお】

かつおには、春獲り、秋獲りがあります。
春獲りのほうが、脂肪が少なくてタンパク質を多く含みます。
かつおの血合い肉は、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12や鉄分の他、EPAやDHAなども多く含んでいます。

肉・第一位【鶏ささみ】

鶏ささみは、牛・豚肉のヒレに相当する部分で脂肪が少なく、タンパク質を多く含んでいます。

肉・第二位【鶏むね肉(皮なし)】

鶏むね肉は、皮をはがして食べるのが原則です。
皮をはがすことによって余分な脂を省けますので、鶏ささみに次ぐ、高タンパク質・低カロリーの食材になります。
鶏ささみと同様、鶏むね肉には、メチオニンと呼ばれる必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
牛や豚の脂質に比べて、不飽和脂肪酸の割合が高いので、コレステロールなどの心配が少ないことが特徴です。

肉・第三位【豚ヒレ肉】

豚ヒレ肉には、ビタミンB群が豊富で、中でもビタミンB1はトップクラスです。
タンパク質を多く含み、脂肪がほとんどありません。

その他・第一位【のり】

のりには、鉄分をはじめ、マグネシウムやビタミンA、B、C、Eが多く含まれています。
ビタミンA、C、Eには、強い抗酸化作用があります。
強い抗酸化作用があるビタミンA、C、Eは、子供を感染症から守り、体に抵抗力をつけてくれます。

その他・第二位【桜えび】

桜えびは、タンパク質とカルシウムを豊富に含みます。
桜えび大さじ3~4杯には、牛乳1杯とほぼ同等のタンパク質とカルシウムが含まれています。

その他・第三位【しらす干し】

しらす干しには、カルシウム、鉄、ビタミンB2、D、マグネシウムが豊富に含まれています。
骨や歯の成分となるのはカルシウムですが、しらすに多く含まれるビタミンDやマグネシウムが、カルシウムの吸収を助けます。

身長を高くするレシピ

豆腐を使ったヘルシー料理

茶わん蒸し【食べやすくて栄養満点】

八宝菜【元気もりもり野菜いっぱい】

お好み焼き【おやつ・昼食にぴったり】

豚ヒレ肉【お肉の食材No.3】

ささみ【子供が喜ぶささみメニュー】

マグロ【高タンパク質・低カロリー】

イワシ【DHAが豊富な食材】

タラ【淡白なタラは食べやすい】

身長を高くするレシピ【おやつ編】

スコーン【カルシウムたっぷり】

豆乳もち【カルシウムたっぷり】

バナナ豆乳ジュース【簡単だから朝食にぴったり】

ごまきな粉クッキー【栄養価の高いクッキー】

パンケーキ【低脂肪牛乳で作れます】

身長伸ばすにはどうしたらいいのかをまとめると…

身長を高くするレシピ【おやつ編】

タンパク質とカルシウムが大切

骨を伸ばすのは、タンパク質、骨を丈夫にするのはカルシウムです。
さまざま食品から摂取することでミネラルも補給できます。
カロリーと添加物には要注意です。

朝と昼、休日の食事が大切

朝と昼、休日の食事をおろそかにすると、十分な栄養の摂取ができません。
うまく食材メニューを選び、負担にならないよう工夫して食事を用意しましょう。

おやつも栄養補給と考えましょう

スナック菓子ばかりでは、添加物やカロリーを摂りすぎてしまいます。
おやつの与え方ひとつで、断然、差がつきます。
不足しがちなタンパク質やカルシウムを摂取しましょう。

身長伸ばすにはどうしたらいいのか正しい知識が分かるサイトです

身長伸ばすにはどうしたらいいのか正しい知識を載せています

身長は遺伝で決まるの?

本当に、背は遺伝で決まるのでしょうか?
実は、子供の身長を決めるのは、遺伝だけではありません。
親の影響を受けますが、あくまでも、そうなりやすい体質を受け継いだだけのことです。
遺伝よりも、いかに成長を促す生活をするかという生活環境が大きく左右します。
とはいえ、子供の最終的な身長が予測できれば、知りたいですよね。
男子の場合、(父親の身長+母親の身長+13)÷2
女子の場合、(父親の身長+母親の身長-13)÷2
が予測される身長です。
ここから、どれだけプラスαできるかが大きなポイントになります。
言い換えれば、生活習慣によってはマイナスになることもあります。
身長を伸ばすために一番必要となるものは、成長ホルモンです。
成長ホルモンは、脳の下にある脳下垂体というところから分泌されます。
成長ホルモンが肝臓などに働きかけて、ソマトメジンCという別のホルモンを作り、骨の成長を促します。
そして、骨が成長し、身長が伸びるという仕組みです。
身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌を多くすればいいのです。
ただ、栄養が不足してしまうと、骨に栄養がいきわたらずソフトメジンCが十分につくられないため、背は伸びません。
また、丈夫な骨に成長させるための適度な運動も必要です。
一方で、ストレスなどの負担は、成長の妨げとなります。
このように、身長は遺伝だけではなく、栄養や運動などの生活環境が大切なのです。

牛乳を飲んだら身長は伸びるの?

牛乳を飲めば背が伸びるというのは間違った思い込みです。
骨にとってカルシウムは大切な栄養素ですが、背を伸ばすのに重要なのは、実はタンパク質です。
タンパク質は、骨や肉の材料となり、骨をつくり背を伸ばす役割を果たすのです。
また、骨の成長に不可欠な成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。
一方のカルシウムは、骨を強くする栄養素です。
つまり、骨をつくるタンパク質と骨を丈夫にするカルシウムを十分に取り入れてこそ、はじめて健康的に背を伸ばすことになります。

寝たら身長の伸びるの?

成長ホルモンの24時間の分泌パターン
成長ホルモンの24時間の分泌パターン

引用元;サイト名:よくあるご質問 | b.l.a.d.

睡眠時間と眠りの深さの関係
睡眠時間と眠りの深さの関係

引用元;サイト名:よくあるご質問 | b.l.a.d.

子供の成長にとって、非常に大切な成長ホルモンは、昼間起きているときよりも夜寝ているときのほうが多く分泌されます。
睡眠初期の深い眠りの時間帯に分泌は多く、血液中の成長ホルモン濃度はピークに達します。
もし、途中で睡眠を妨げられたり、睡眠時間が短いと、成長ホルモンの分泌が悪くなり、背の伸びも悪くなる可能性があります。
さらに、睡眠は、骨休めとしても大切なのです。
昼間は、上半身の体重がずっしりと下半身の骨にかかっています。
横になって寝ることで、縦方向からの重力から解放され、骨を休めることができます。
成長ホルモンの分泌も、立っているときよりも横になっているときのほうが高くなります。
寝る子は育つ(背は寝ている間に伸びる)は、正しいことわざなのです。

世界一睡眠不足なのはどこの国なの?

日本の小学校高学年の睡眠時間は、調査によると8時間未満が31%もいました。
10時間以上寝ている子は、わずか4%です。
日本の小学校高学年の睡眠時間に対して、世界の子供の睡眠時間は、9時間以上が半数を超えています。
特に、フランス、イギリスでは、半数以上が10時間以上寝ています。
日本の子供は、世界一睡眠不足なのです。
日本の子供の睡眠不足の原因として、夜型の遊びが多いことが挙げられます。
テレビ、ゲームをやめられず、勉強の時間も遅くなり、結果、寝る時間が減ってしまっています。
また、寝ることの大切さを軽視してしまう日本の生活文化も、日本の子供の睡眠不足の背景にあるのかもしれません。

熟睡できる環境づくりとは?

寝る前の環境は、とても大切なのです。
特に、子供は、寝る前に叱られて興奮したり、光の刺激があると熟睡できないです。
寝る前から、体も気持ちも落ち着いた状態にしていき、部屋の明かりも煌々と点けないようにして、寝る準備をしていきましょう。
寝つきが悪い、睡眠が浅い場合、昼間の運動量を見直してみましょう。
昼間の過度な運動は、眠りを誘い、成長ホルモンの分泌量も増やしてくれます。
これを機に、ベッドや布団、パジャマに気配りする、生活リズムを見直すなど、寝る環境や睡眠時間について考えてみてはどうでしょうか。
背を伸ばすには、快適な睡眠が、もっとも大切です。

ぶら下がり運動をすると身長は伸びるの?

ぶら下がり運動やヨガをしても背は伸びません。
中には、ぶら下がり運動をして背が1~2cm伸びたという人もいるでしょう。
これは、背が伸びたのではなくて、骨と骨の間にある軟部組織が膨張したため、背が1~2cm伸びたということです。
背骨には、骨と骨の間に軟骨を含んだ軟部組織があります。
この軟部組織一つ一つは、伸びたり縮んだりしています。
朝、昼、夜とぶら下がっていると、軟部組織の縮む時間が少なくなり、軟部組織が伸びきり、背が高くなったように思えるのです。
本当の意味で、背が伸びたわけではありません。
また、人間の背は、朝は高く、夜は低くなる傾向があり、1~2cmほど誤差があります。
これも軟部組織の影響です。
寝ている間に軟部組織が伸び、昼に動いていると軟部組織が縮むので、夜は朝よりも背が低くなるなるというわけです。

適度な運動をしていますか?

背を伸ばすには、体を思いっきり動かすほうがいいのです。
運動自体、成長ホルモンの分泌を促し、睡眠を誘い、睡眠中の成長ホルモン分泌をも促します。
そして、運動の適度な刺激が骨を強くし、食欲も促進します。
運動不足になると、食欲が出にくく、寝付きが悪くなることもあります。
寝付きが悪くなると、朝起きられず、朝食を食べなくなります。
朝食を食べなくなると、頭の動きを鈍くし、また、運動不足の一日をすごす、という悪循環に陥ってしまいます。
運動をすると、食欲が増し、熟睡できて、朝もすっきりと目覚める。
朝、すっきり目覚めると、朝食をしっかりと食べることができて、気持ちよく一日をスタートできます。
運動ひとつで、こんなにも日常生活に差が生じてしまうのです。
運動といっても、何も特別なスポーツをする必要はありません。
外でのびのびと体を動かすだけで十分です。
平日はもちろん、休日など時間があるときは、外で体を動かす習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

生まれてくる赤ちゃんが小さくなっていることについて

小さく産んで大きく育てると言われていますが、やっぱり、大きく産んだほうが、その後の成長には有利なのです。
予定日通りに生まれているけど、出産前に医師から聞いている身長・体重よりも小さく生まれたということがあります。
追々、出産前に医師から聞いている身長・体重に近づいていきますが、中には、低出生体重性低身長症・SFD低身長症になってしまうこともあるのです。
ここ数年、生まれてくる赤ちゃんが小さくなっている傾向があります。
妊娠中の低カロリー食、出産年齢の高齢化などが影響していると考えられます。
日本人の平均身長は、ここ10年ほど伸び悩んでいて、低体重出産との関連性も考えられます。
妊娠中はもちろん、妊娠する前の母親の過去の栄養状態も胎児の機能や胎児の栄養状態に影響を与える可能性があります。
妊娠前に過度なダイエットをしていて栄養不良状態になっていると、胎児の発育に悪影響を与える可能性があります。
妊娠中はもちろん、妊娠する前からバランスよく栄養をとるようにしましょう。
また、妊娠中の過度の飲酒は控えましょう。
アルコール中毒の妊婦の胎児は、とても小さく、障害がみられることがあります。
妊娠中は適度に動くことも必要です。
過度の運動は、胎児の発育を阻害する可能性がありますので控えましょう。
産後、妊娠前の体重に戻そうとして、食べるべきものを食べない人がいます。
食べるべきものを食べないと、母乳の質が低下し、赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼすことがあります。
母乳を飲ませている間は、しっかり栄養を取ることが大切です。
母乳で少し気になるのが、環境ホルモンです。
神経質になりすぎる必要はありませんが、葉野菜はよく洗って食べる、肉の脂身は避けるなど、心掛けるとよいでしょう。

思春期は背が伸びる最後のラストスパートなの?

思春期に、背が大きく伸びることはご存知ですよね?
思春期の伸びには、あまり個人差がなく、誰でも同じように背が伸びるのです。
そして、思春期の後、背の伸びが止まってしまいます。
つまり、思春期は、背が伸びる最後のラストスパートなのです。
ですので、成人したときの身長の差となるのは、思春期の時の伸び率ではなく、思春期の前までに伸びた身長の差が大きく影響しているのです。
思春期は、子供から大人へと変化していく時期です。
初潮や乳房の変化、声変わりなど、心身ともに大きく変化していきます。
大人になるということは、骨が固まり、骨の成長が止まることも意味しています。
思春期を早く迎えてしまうと、子供である時期が短く、背の伸びる時期が短くなってしまい、十分に背が伸びずに、成人してしまいます。
欧米人と日本人の身長差は、思春期を迎える時期が大きく関係しています。
中学生くらいまでは、日本人と欧米人の身長差はあまりありません。
ところが、日本人は早い時期に思春期を迎えるため、早く成長が止まってしまいます。
欧米人はと言うと、思春期を迎える時期が日本人よりも遅いので、その分だけ身長の伸びる時間が長く、背も高くなるのです。
背を伸ばすには、思春期を遅らせて、伸びる時間を少しでも長くすることが大切です。
遺伝などの影響もあって、人為的に遅らせることは難しいですが、生活習慣などにより、ある程度なら思春期を遅らせることができます。
まず、カロリーの摂りすぎは、女子の場合、思春期を早めてしまいます。
家族内で夫婦喧嘩が絶えないなど、子供が精神的に不安定な状態が続くと、無意識に早く大人になろうとして、思春期が早く訪れる傾向があります。
また、食品などによる環境ホルモンの影響で思春期が早く訪れることもあります。
女の子は10歳ごろ、男の子は11歳半ごろが、日本人の平均的な思春期のはじまりです。
それまでに、食事や睡眠、運動などに配慮しながら、少しでも高く背を伸ばしてあげることが大切です。

背が伸びるかどうか伸び度をチェックしてみましょう

下記の質問を「はい」、「いいえ」で答えていきましょう。

食事について

【1】食欲はありますか?〔はい〕〔いいえ〕
【2】朝食は食べますか?〔はい〕〔いいえ〕
【3】好き嫌いはありますか?〔はい〕〔いいえ〕
【4】お肉は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【5】魚は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【6】卵は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【7】牛乳は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【8】乳製品(ヨーグルト、チーズなど)は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【9】小魚(ちりめんじゃこなど)は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【10】豆類(豆腐、納豆、枝豆)は好きですか?〔はい〕〔いいえ〕
【11】夜食(寝る前2時間以内)は食べない?〔はい〕〔いいえ〕
【12】お菓子はあまり食べない?〔はい〕〔いいえ〕
【13】インスタント食品はあまり食べない?〔はい〕〔いいえ〕
【14】炭酸飲料はあまり飲まない?〔はい〕〔いいえ〕
【15】ジュースはあまり飲まない?〔はい〕〔いいえ〕

睡眠について

【1】寝付きはいいですか?〔はい〕〔いいえ〕
【2】十分睡眠を取っていますか?〔はい〕〔いいえ〕
【3】熟睡できていますか?〔はい〕〔いいえ〕

運動について

【1】何かスポーツをしていますか?〔はい〕〔いいえ〕
【2】〔はい〕と答えた人、運動量は適度ですか?〔はい〕〔いいえ〕

生活について

【1】学校や保育園、幼稚園では楽しそうですか?〔はい〕〔いいえ〕
【2】家庭ではのびのび過ごしていますか?〔はい〕〔いいえ〕
【3】夫婦喧嘩、嫁姑喧嘩はしていませんか?〔はい〕〔いいえ〕

健康状態について

【1】排便は毎日決まった時間に出ていますか?〔はい〕〔いいえ〕
【2】太っていませんか?〔はい〕〔いいえ〕
【3】夜尿(おねしょ)はありませんか?〔はい〕〔いいえ〕
【4】鼻づまりはありませんか?〔はい〕〔いいえ〕
【5】喘息はありませんか?〔はい〕〔いいえ〕
【6】アトピー性皮膚炎はありませんか?〔はい〕〔いいえ〕

伸び度の結果について

全て〔はい〕とお答えしたお子様は、理想的な生活をしておりますので、生活面に問題はありません。
〔いいえ〕が多いと、身長の伸びが悪くなることがありますので、生活習慣を見直してみましょう。
身長が伸びているお子様でも、〔いいえ〕を減らすように心がけますと、もっと身長が伸びます。

身長伸ばすにはどうしたらいいのかをまとめると…

まずは正しい情報を知る

背が伸びる・背を伸ばすには、何が正しくて、何が間違いなのかを知り、正しい情報に基づいて生活していきましょう。

睡眠と運動で背は伸びる

成長にとって、一番重要なのは成長ホルモンです。
成長ホルモンの分泌を促すために必要なのは睡眠と運動です。

思春期を過ぎると背は伸びない

背が伸びるのは、乳幼児期から思春期前までで、期限があるのです。
思春期に入ると、背を伸ばすよりも骨を丈夫にすることのほうが大切になってきます。
背を伸ばすには、思春期までが勝負なのです。